fc2ブログ

和歌山・毒物カレー事件

和歌山・毒物カレー事件で
最高裁が上告を棄却、林真須美被告に死刑が確定。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090421-00000594-san-soci

というニュースが今、流れています。

あの事件から11年も経っていたことに、まず驚きました。
夏祭りの会場で、カレーにヒ素が混入され
4人の人が命をおとした事件。
犯人が地域の人だと知った時、本当に怖かった。
近所の人と喧嘩もできないなーと。

新聞やメディアがいろいろ書きたてていたので
すっかり林被告が犯人かと思っていたら
彼女は自供もしてないし、物的証拠もない。
あるのはたくさんの状況証拠のみ、
という状況で最高裁までいってたんですね。

なんとなく
無罪か差し戻しかを予想していたなかで
今回の死刑確定はちょっと驚きました。
決定的な証拠がなくても、死刑になるということにもなるから。
もちろん数々の状況証拠が裏付けていると
最高裁が判断したからだと思いますけど。

林被告が「無罪になったら、カレー屋を開きたいと思う」というコメントをしていましたが
それは無罪だろうが有罪だろうが
被害者の気持ちをさかなでるようなあまりにも非常識なコメント。
ありえないです。
スポンサーサイト



テーマ : ひとりごと - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)