fc2ブログ

ユーキャン行政書士講座で勉強してます

2月からユーキャンの「行政書士講座」を受講しています。

といっても、本格的に始めたのは3月。

最近、同じ講座で勉強している友人が
すごく早いペースでやっているのを聞き、焦って奮起しました

GWの時点で
ほぼ全講座を読みとおすことを完了。
(注・あくまでも読みとおしただけ。一般知識のぞく)

提出用テストは第1回だけをこなしましたが
なかなか手ごわかったので、
もう少し自分で勉強を深められてから
他の回のテストをしようと思っています。
たぶん今の実力じゃひどいものになると思うので。
そんなことを調整できるのも、通信講座の良さかもしれません。

内容についてですが、
正直な感想を言うと
民法はすごくよかったです。
LECの講座でもやらなかったところなども網羅していて
初めて知ることも多かった。
これはよくまとまっている気がします。

一方、会社法(商法)、地方自治法、行政法は激つまらなかった。
ずっと文字ばっかりで、読むのが疲れる
初めて勉強する人にとってこれは相当大変なんじゃないかな~。

もうちょっとイラストいれるなり、工夫してくれるといいのに。


5月の終わり~6月からは模試も始まることだし
そろそろ気合をいれて勉強せねば、と思う連休明けでございます。

のだめで気分転換

今日は
「法学検定試験問題集 3級行政コース」を使って勉強しました。

法学検定試験問題集 3級行政コース〈2008年〉法学検定試験問題集 3級行政コース〈2008年〉
(2008/04)
法学検定試験委員会

商品詳細を見る


といっても憲法を20問くらいといただけですが…。

LECのある先生が
この問題集の民法と憲法だけは
といたほうがいい、といっていたのを思い出しまして。

今日はこれで勉強は終了(すくなっ)。

なぜか午後からずっと気分がふさいでいたので
夕飯後はテレビを見て気分転換をしました。

2年前に録画していた「のだめカンタービレ special lesson」です。
のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)のだめカンタービレ #21 (21) (講談社コミックスキス)
(2008/08/11)
二ノ宮 知子

商品詳細を見る

このマンガの大ファンでもあるんですが、
ドラマ化したものもマンガに負けず劣らず素晴らしいです。

のだめを見て元気になったので
これから少しだけ仕事をしようと思います。

おすすめの法律系マンガ

つい最近、近所にTSUTAYAがあることを発見しました。
そこの何がすごいって
スタバが併設されていて、コーヒーを飲みながら
TUSTAYAの本を読みまくれる
ことです!!
正直、どんなメリットがお互いにあるのかわかりませんが
(汚しちゃう人もいるだろうし)
とにかくステキなシステムです。私は4,5冊読んじゃいます。

もうひとつスゴイのが
コミックレンタルがあること。
7冊以上だと1冊90円、以下だと一冊110円で借りられます。
マンガって読みたいけど、買うほどではないものって多くないですか?
私はマンガ喫茶を利用したりしますが
時間に制限があると落ち着いて読めないんです。
だから家でゆっくり読めるこのシステムはイイ!

で、最近借りたのはコレ。

「ホカベン」(中嶋博行・カワラニサイ 著)です。
以前、上戸彩でドラマ化されたことがあります。
(本当は主人公は男性ですが)

本



続きを読む »

勉強する上での私のバランス

このブログを始めた当初の目的は
「勉強をしっかりするために、日々の勉強の記録を綴ろう」というものでした。

副題にもあるように
行政書士試験への勉強日記が中心になるはずだったのです。

でも
気づけばまったく関係のない話ばかり書いていたりしています

行政書士試験は合格率が2%代の時もありましたし
最近では非常に厳しい試験として知られています。

生半かな気持ちや勉強量では受からないことは
過去の経験でわかっているつもりです。

でも、どうしても勉強ひとつに集中できないのです・・・。

毎日やっているドラマも見たいし
(時間を拘束されないために必ず録画して見ていますが)
友人とも遊びにいきたい。
仕事だってある程度はしっかりやりたいし
英語の勉強もしたい。
運動だってやらないと。

とまあ、やりたいことがいっぱい…。

一番の目的である勉強のためには
これらの欲求を押さえなければならないという
ごもっともな考え方もあるとは思いますが

私としては
いろいろやるなかでメリハリつけながら勉強したほうが
やる気も持続するのではないかと考えています。
(集中力が持続しないだけという話もありますが)

とまあ、そんなスタンスでこのブログを続けていきたいと思います。

「全然勉強してないじゃん!」
という突っ込みをかわすための言い訳になってきたので(笑)
今日はここまで

ややこしい会社法

先日から「商法」に取り組んでいます。
ほとんどが会社法なわけですが
本当にこの分野は苦手です

「公開会社でない大会社は会計監査人を置かなければならない」
とか
「取締役会を置かなければならないのは、公開会社、監査役会設置会社、
委員会設置会社である」
とか。
ぜんぜん覚えられません・・・。
どれも同じに見えます。

しかもこのポイントって結構出たりするから
スルーするわけにもいきません。

たぶんそれぞれに何らかのイメージを持てれば
もう少し親しみやすくなるような気はするのですが
いかんせん苦手意識が先走ります。

そういえば、たしかソニーは委員会設置会社でしたよね。
最先端だなあと感心した気がしますから。